デニス・テン応援ブログ

カザフスタンの英雄 Denis Ten 絶賛応援中!!!

ゴールデンスピン2017 FP動画/Stars on Ice 北京出演のお知らせ

ゴールデンスピンのフリーも終わりました。

ショートの時に比べると最初から勢いがなかったですが、攻めの構成で頑張りました。今季初めの試合では全然入らなかったコンビネーションジャンプも入るようになりましたし、怪我はだいぶ回復してるのでしょう。

www.youtube.com

キスクラ席に座っている巨大なクマのぬいぐるみが可愛い。

それと対照的に厳しい表情のテンくん…。

ゴールデンスピンといえば、2015年優勝時の表彰式でもちょっと残念なハプニングがありましたねぇ…。

今年最後(?)の試合が後味悪い感じで終わったのは残念ですが、次はアイスショー

12月15,16日に北京で開催される「Stars on Ice」にテンくんが出演予定です。

theatrebeijing.com

f:id:dimple_dimple:20171210215741j:plain

(テンくんの写真は2014年中国杯EXの時のですね。)

怪我を抱えながらのオリンピックシーズンなのに、既に5試合出場&ショー出演となかなか多忙。ここ2か月くらいの間に、フランス→ロシア→フランス→中国→クロアチア→中国、その間に拠点のアメリカでのトレーニングやカザフスタンへの一時帰国。

4年前、確かヨーロッパのB級大会連戦移動中にパスポートの白紙ページがなくなり急遽再発行手続きが必要になったという話を思い出しました。

色々あるけど、頑張れデニス・テン

頑張れ!デニス・テン!!!

本日、当ブログのアクセス数が急上昇⤴

以前からテンくんが試合に出るとアクセス数が上昇する傾向にある当ブログですけど、今回のゴールデンスピンはあまり注目されていないのでちょっと驚き😲

デニス・テンくんについて気の向くまま語るだけのブログにお越しいただきありがとうございます。

------------------------------------

私事ですが、実はゴールデン・スピンのSPのスコアを見てかなりショックを受けまして、それ以上にショックを受けているであろうテンくんのことを思うと…。テンくん自身これまでスコアに対して割り切った態度でしたし、ファンとしてもスコアについてあれこれ言うのは避けてきましたが、さすがに今回のはちょっと…。

なんて落ち込んでいましたが、本日予想外のアクセス数急上昇で少しテンションUP⤴

テンくんファンの皆さま、そうでない方もお越しいただきありがとうございます。

-------------------------------------

ということで、試合には関係ない明るい話題を。

denisten_official(オフィシャルとなっていますが、ファンの方が運営されている「公認」アカウントです)さんがお知らせしてくれましたが、テンくんが「Daryn」というカザフスタン文学、科学、美術、ジャーナリズム、クラシック音楽、社会活動、スポーツ、演劇や映画、バラエティアート、民俗芸術の各分野で活躍した方々に贈られる賞を受賞したそうです。

www.instagram.com

www.inform.kz

ゴールデンスピンに出場中のため表彰式には出席できなかったようですけど、おめでとう!

そして、フリーも頑張って!

カザフスタンのチョコ食べながら応援します。

(超おいしいです!)

f:id:dimple_dimple:20171202214716j:plain

ゴールデンスピン2017 SP動画

ゴールデンスピン続報。

先ほど、リザルトページとライスト情報を投稿したばかりですけど、もうSPの動画が上がっていたのでご紹介します。

一見ノーミスでしたが、スコアは80.5…。

それでも、SP1位でした。頑張った!!

www.youtube.com

 

 

今年も!ゴールデンスピン リザルトページ&ライスト情報

既に始まってますけど、今年もゴールデンスピンにテンくんが出場予定です。

GPファイナルと同じ日程なので「裏GPファイナル」なんて呼ばれたりもしているこの大会、テンくんはこれで4年連続出場です。

ロステレ杯、フランス杯、上海トロフィーに続き、またまたエントリーの重なったモリス・クヴィテラシヴィリ選手、アレクセイ・ビチェンコ選手、アレクサンデル・マヨロフ選手、アレクサンドル・ペトロフ選手など有力選手が多数エントリーしています。

公式サイト(エントリーも)↓

http://www.croskate.hr/hr/aktualno/golden-spin-results/

ライスト(有料)↓

agatin.cleeng.com

10ユーロかかりますが、登録は簡単。

FBやGoogleのアカウントでログインし、名前、クレジットカード番号、カード有効期限等を入力するだけです。

ライストも動画もなかった2014年からすると随分進歩しましたね。 

 

フランス行ってきました!②

フランス杯(インターナショナルオブフランス(Internationaux de France de Patinage)から2週間経ちましたが、①のつづき行きます。

--------------------------------------------------

グルノーブル到着翌日。朝から公式練習があるということで、同じホテルに宿泊している方と一緒にトラムに乗って会場へ向かいました。

会場の「Patinoire Polesud(南極リンク)」へは「Denis Papin」行きのトラムに乗ります。Denis行きトラムにテンションUP⤴

乗車後25分ほどで目的地に到着。

会場の入り口では所持品検査がありました。テロ対策の一環なのでしょう、大会規模の割には厳重にチェックされました。特にペットボトルの持ち込みは厳禁で、その場でペットボトルのキャップを外されキャップのみ没収されました。

会場内で練習観戦用チケットを購入し、いざリンクへ!

リンクへの入場口では、この大会の特集記事が載った地元の新聞が配られていました。

f:id:dimple_dimple:20171202223106j:plain

(↓ケヴィン・エイモズ選手の写真が大きい!注目されてるんですね。)

f:id:dimple_dimple:20171202223324j:plain

そして、新聞を受け取り、場内に入った直後、目の前に見覚えのある女性が!

…テンくんのお母さまでした。

(ってことは、テンくんは無事に出場予定ってことね、と安心。)

 

さて、男子ショートの練習開始。テンくんは第1グループに登場。

怪我している右足首を気にしながらもジャンプ、特に4Sの練習に力を入れているようでした。曲かけ練習でも身体がよく動いている様子。今季は早い時期から身体を絞っているようで、ボディラインがとてもシャープ。周りからも「テンくん、痩せた?細い!」という声が聞こえてきました。

f:id:dimple_dimple:20171202230252j:plainf:id:dimple_dimple:20171130221845j:plain

ところで、このリンクには客席にとても残念な欠点があるらしいことを、前日の練習を見に行った方からの情報で把握していました。客席最前列前に高い透明なアクリル板の壁が立てられていて、ジャッジ席側・反対サイドとも本来一番見やすいはずの中央付近の席がとても見づらい、と。

そして、練習後にチケットを手に自分の席を確認しに行ったところ、まさに、目の前にアクリル板のある席であることが判明…。特にショート(全カテゴリー共通)とペア&男子フリーの座席は完全にアクリル板に阻まれることが確定…😨

せっかく見やすい席のチケットを手に入れてたのに…。(テンション急下降⤵)

(つづく)

上海トロフィー

先ほど、テンくんが出場していた上海トロフィーが終わりました。

この大会はフリープログラムだけで、今回男子シングルのエントリーは5人。

テンくんは157.01で3位でした。

1位のアレクサンドル・サマリン選手、2位のモリス・クヴィテラシヴィリ選手とともにインターナショナルオブフランス(Internationaux de France de Patinage)からの連戦でしたが、3人とも先週より調子が良さそうでした。

テンくんについては、まだ本来のジャンプ構成ではないし(ルッツ抜いてるし)、本調子ではないものの、確実に復調しているように見えます。

www.youtube.com

【今季初めての表彰台で嬉しそうなテンくん↓】

f:id:dimple_dimple:20171125233434p:plain

表彰式後の周回では、テンくんがなぜかトップで引率するような形で滑っていたのが非常に可愛かったです。

もっと早くエントリーが発表されてたら、見に行ったのに…残念。(ボブロワ&ソロヴィエフも出てたのに…。)

とりあえず、連戦で体調が心配でしたが、良い調整ができていることが確認できて安心しました。次の試合は…ゴールデン・スピン??

---------------------------------------------

表彰式の動画もUPされました。

www.youtube.com

フランス行ってきました!①

突然ですが、フランスに行ってきました!

もちろん目的は、テンくんにとってGPシリーズ2戦目の「インターナショナルオブフランス(Internationaux de France de Patinage)」(以下、不正確ですが、わかりやすく「フランス杯」と表記します)観戦です。

以下、観戦記というか旅行記になると思いますが、思いつくまま記していこうと思います。

-----------------------------------

さて、今回の開催地はグルノーブル。かつてオリンピックが開催された都市なので名前だけは聞いたことがあるものの、ガイドブックにもほとんど情報がない小都市。

日本から現地到着まで丸1日近くかかる上、テンくんの怪我の状態によっては棄権の可能性もあるため、ギリギリまで迷いましたが、ニース杯の様子を見て、現地観戦を決めました。

それからはエントリーリストに「Denis Ten」の名前があるのを確認するのが日課に。(昨年の四大陸選手権のトラウマが…。) 

-----------------------------------

そして出発~。

行きは、アムステルダム空港経由。アムステルダムで6時間過ごした後、リヨン(サン=テグジュペリ空港)へ。リヨンからグルノーブルのホテルまでは車で約1時間半。日本出発から約20時間!

グルノーブルは遠かった…。

アムステルダム空港】空港内にチューリップ専門店がありました。さすがオランダ。

f:id:dimple_dimple:20171123115923j:plain

今回、日本で手に入るグルノーブル情報があまりに少なく不安だったため、初日の空港からホテルへの移動の間のみ現地在住の日本人ガイドさんを手配したのですが、これ大正解でした。

というのも、ホテルにチェックインする際、支払い済みの宿泊代を二重請求されるというトラブルが発生。

旅行会社が発行した予約確認書を見せても納得されず途方に暮れかけていたところ、ガイドさんが根気強く強い口調で交渉し、確認書に記載されている先へ電話するよう指示。そして、ようやく「宿泊代は支払い済み。チェックアウト時に税金だけ払ってね。」ということに落ち着きました。

他にも現地情報やトラムの利用の仕方など、深夜12時頃にもかかわらず教えていただきました。

ちなみに、ガイドさんはスケートには全く興味がなかったそうですが、今回スケート観戦を目的に日本からやってくる人(自分)がいるということで興味を持ち、エキシビションのチケットを入手されたとか。

ついでにお勧めスケーターを聞かれたので「カザフスタンデニス・テン」としっかり宣伝しておきました。エキシビション出なかったけど。)

(つづく)

 

もうすぐフランス杯

デニス・テンくんのGPS2戦目となるフランス杯が近づきました。

今年のフランス杯は「インターナショナルオブフランス(Internationaux de France de Patinage)」って名前だそうです。 

(エントリーはこちら↓)

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111475.htm

男子シングルは、シャフィク・ベセギエ選手欠場により現時点で11人のエントリーとなっています。

テンくんはフランス杯とはなぜか相性が良く、過去3年連続出場し3位、4位、2位とGPシリーズ苦手なテンくんにしては好成績を収めています。

今年は怪我の影響もあり、十分に練習ができない状態でしょうが、(今のテンくんにとって無理のない範囲で)いい演技が見られるといいな、と思います。

ってことで、初めてGPシリーズメダルを獲得した2014年フランス杯(この時は「エリック・ボンパール杯」)の動画を載せておきますので、ご覧ください。

【2014エリックボンパール杯SP】

www.youtube.com

【2014エリックボンパール杯FP】

www.youtube.com

ショートは1位。「この時期にこんなに仕上がっているなんて、殿下大丈夫?」なんて言われてたら、フリーは案の定ジャンプミス連発でした…。

なので、ショートの動画だけにしておこうかと思ったのですが、この時のフリーの衣装と髪型がとても可愛いので載せちゃいました。

スケート指導&インタビュー記事

ロステレ杯から1週間も経たない先週(10月28日)に、アルマトイのショッピングモール内のリンクでテンくん指導のスケート教室が開催されました。

f:id:dimple_dimple:20171029212000j:plain

今回は、カザフスタンの後輩スケーターたちだけでなく、スケートを習っていない一般の方も対象に指導したようです。

スケート教室の子どもたちによる演技披露もあったようで、こちらの記事に写真がたくさん掲載されています。↓

bnews.kz

インスタグラムに動画も上がっています。↓

www.instagram.comショッピングモール内の小さなリンクでの指導にもかかわらず、カザフスタンのメディアが多数取材に来たようで、ニュース記事がたくさん上がっていました。

翻訳アプリによると記事の内容は、

  • 怪我の状態-ジャンプ着氷時にまだ痛みがある。
  • 平昌オリンピックに向けて前向きにトレーニング中だが、今は氷上の練習はしていない(取材時)。
  • 昨シーズン回顧ーホームで開催されたユニバーシアードの感想やカザフスタンのスケート界の進展について。
  • FPの曲についてーアイディアはカナダの振付師(ウィルソン氏)から。使用曲はカザフスタンの超人気アーティスト、ディマシュ・クダイベルゲン ( Dimash Kudaibergen)氏が歌う曲。音源は何とテンくんのプログラムのために録音されたスペシャルバージョン。

といったところです。

個人的に注目したのは、「今シーズン私はもちろん、健康を除いてとても快適です」(グーグル翻訳による訳)という部分。

ニース杯もロステレ杯も怪我の影響で満足のいく演技はできていないのでしょうが、悲壮感はなく表情も明るい印象を受けました。

昨シーズンは成績の良かった試合でもあまり元気がなかったですし、試合に出ること自体苦痛なんじゃないかと心配になったりもしていました。

今シーズンは、いきなり大怪我からのスタートで心身ともにかなりダメージを受けているはずなのですが、「健康を除いてとても快適」とのこと。本来、アスリートにとって健康状態は大問題なはず。ということは、やはり昨シーズンは、慢性的な怪我などの健康状態以外の問題を抱えていたんですね。

今シーズンはそれらの問題をある程度克服したのか片付いたのか開き直ったのかわかりませんが、とりあえず精神的に安定しているようで少し安心しました。

次の試合はフランス杯、怪我が少しでも良くなって、いい演技ができますように。

informburo.kz

ロステレコム杯 EX

ロステレ杯、エキシビションでテンくんが披露したのは、またまたエミネムの「Lose Yourself 」でした。

www.youtube.com

私事ですが、

昨日、久しぶりに会ったスケート好きの友人から「この前のロシアの大会のエキシ、テレビで見たんだけど、テンちゃん、めっちゃカッコ良くなっててビックリ!動きも綺麗だし、プログラムもすごく良かった!」と言われまして。

2015年12月の初演以来、何度も披露しているプログラムなので、今回は動画UPしなくてもいいかな、なんて思っていたのですが、友人の絶賛の言葉を受け、今さらですがUPすることにしました。

このプログラムを継続しているのは、おそらく怪我をしている足への負担を考慮してのことでしょう。とはいえ、ジャンプはなくても複雑な細かいステップや身体全体を使った動きの連続で見ごたえのあるプログラムです。

コアなスケートファンやテンくんファンからは評判がいいものの、一般にはわかりにくいプログラムかな?と思っていましたが、友人の絶賛の言葉を聞き、「非テンくんファンへのお勧め動画」候補に入れることにしました(押し売り)。

といっても、さいたまワールドの時にヴィクトル・ファイファー元選手の演技を気に入っていたマニアックな友人が「一般」と言えるのかどうかはわかりませんが。