デニス・テン応援ブログ

カザフスタンの英雄 Denis Ten 絶賛応援中!!!

「デニス・テン」呼称問題

突然ですが、「デニス・テン」という名前は短く覚えやすい名前だと思いませんか?

が、残念ながら、間違って覚えている方やなかなか覚えて下さらない方もいらっしゃいます。

《間違い例1:デニス・デン》

(同僚から「デンくん、最近調子はどうですか?」と聞かれました。Twitterのアカウントがtenis_denだからか、スケートファンの方でもたまに間違えてる方を見かけます。)

《間違い例2:テン・チャン》

(友人から「応援してるのってカナダのテン・チャン選手だっけ?」と聞かれました…。もしかして、「テンちゃん」って言ってるのを誤解した??)

《間違い例3:ジャルジャルくん》

(上司から「アゼルバイジャンジャルジャルくんだっけ?調子はどうなの?」と聞かれました。もはや何も合っていない…。)

ロシア語圏の選手の中では一番覚えやすい名前だと思うので、みなさん間違えないで覚えてくださいね。

ところで、このブログを始める際、テーマである「デニス・テン」氏をどう呼ぶべきか、悩みました。よく見かけるのは、

①デニス

②テンくん/テン君

③テンちゃん

④殿下

その他、テンさん、テン様、テンテン、デニテン、D10 etc...

といったところでしょうか。

上記の中でも特によく見かけるのは①と②。

①の「デニス」を用いるのが、おそらく一番適切かつ無難。ソチ以前からのファンは「デニス」と呼ぶ方が多いように思います。

が、ラトビアのデニス・ヴァシリエフス選手とちょっと紛らわしい…。

ということで、スケートファン内で一番広く用いられていると思われる「テンくん」を採用しました。(ちなみに「テン君」じゃなくて「テンくん」にしたのは、「テンくん」の方が可愛い感じがするからです。)

 

Mini Denis も平昌に?

平昌オリンピックまであと1か月。Mini Denisも楽しみにしているようです。www.instagram.com

ここ数日、なぜかストロベリーチョコがトッピングされたドーナツが無性に食べたくて、特にドーナツ好きでもないのにどうしたんだろう?なんて思ってたのですが、この写真を見て原因がわかりました。

f:id:dimple_dimple:20180111021746p:plain

Mini Denisの被っている帽子にプリント(刺繍?)されているスケート靴を履いたドーナツ、このキャラクターは数日前に投稿された写真でMini Denisが着ているパーカーにもプリントされてました。  

www.instagram.com

f:id:dimple_dimple:20180111030807p:plain

Mini Denisの投稿内容もユニークですが、コメントへの返答も気が利いていて面白い!

なお、Mini Denis誕生に至るいきさつや今後の展開などについては、Mini Denisのインスタのヘッダーでも紹介されているこちらの記事をご覧ください。

http://telegra.ph/Cartoonish-Denis-Ten-appears-on-Instagram-01-03

2018四大陸選手権エントリー情報

1月24~27日に開催される四大陸選手権のエントリーが発表されています。(一部まだ派遣選手の決まっていない国がありますが。)

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111493.htm

カザフスタン勢は予想通り、男子はデニス・テンくんとアブザル・ラキムガリエフ選手、女子はエリザベート・トゥルシンバエワ選手とアイザ・マンベコワ選手の4人。

テンくんもアブザル選手も四大陸選手権には毎年エントリーしています。(確か2015年の放送で、アブザル選手は8年連続最多出場、と言われてました。ちなみに、ブレンダン・ケリー選手が今回で8年連続出場となるようです。)

過去2年は2人とも怪我や調整のために直前にエントリーを棄権・取消していますが、今年は出場するような気がします。

今年の四大陸選手権はカザフ選手以外にも応援している選手が多数出場するような気がしたので、事前に一応チケットは確保しておきました。(無料ですし。)

四大陸で見られるといいな、と期待していた選手の一人はアメリカのロス・マイナー選手。ノーブルかつ透明感ある雰囲気で、スケーティング技術に定評のある正統派スケーター。

全米選手権で5位くらいに入って四大陸に派遣されないかな、と思っていたら、何と2位!文句のつけようのない素晴らしい演技でした。

これなら四大陸どころかオリンピック行けるのでは??と期待しましたが、残念ながら代表には選ばれず、しかも補欠2番手…。

いまだ気持ちの整理がつきませんが、とりあえず、四大陸でマイナー選手の演技が見られることを楽しみにしています。

テンくんもようやくルッツが跳べるくらい回復したようですし、出場する選手の皆さんすべてがうまく調整していい演技ができますように

フランス行ってきました!⑤

全米選手権の結果と代表選考を見て色々思うところのある今日この頃ですが、とりあえず、昨年のフランス旅のつづきをさっさと終わらせます~。

-----------------------------------

3日目は午後からエキシビション

そこで、それまでの時間を利用して、同じホテルに宿泊されている方と一緒にバスティーユ城塞へ行くことにしました。

ちなみに、この方は昨年もフランス杯にいらっしゃったそうで、その時に親しくなった方もテンくんファン、今回一緒に行動することになった人(私)もテンくんファン、さらに、会場で隣の席だった日本人の方もテンくんファン…。「会う人会う人、みんなテンくんファンなんだけど(苦笑)」と言われました。(ちなみに彼女は日本人選手目当て。)

確かに、テンくん目当てらしき方多かったですね。PIW日光公演でお見掛けした方も多々いらっしゃってましたし、ドイツにお住まいのテンくんファンの方ともお話しする機会がありました。(ファン多いみたいなので、テンくんの演技をカットしないで放送してください、テレビ局の方~!)

ってことで、バスティーユ城塞へ。

f:id:dimple_dimple:20180108041533j:plain

バスティーユ城塞へ向かうロープウェイ乗り場は予想外の行列ができていましたが、待ち時間30分弱で乗ることができました。

乗り心地はまずまず快適。中から外の景色がよく見えます。

f:id:dimple_dimple:20180108042655j:plain

10分ほどで到着。市内が見渡せる好ロケーション。

f:id:dimple_dimple:20180108043013j:plain

f:id:dimple_dimple:20180108043716j:plain

f:id:dimple_dimple:20180108043808j:plain

と、一応観光気分も味わったところで、エキシビションへ。

印象に残った選手などはまた改めて記そうと思いますが、とりあえず、マリア・ソツコワ選手がとにかく可愛いかったです。そして、グルノーブルのお客さんたちは盛り上げるのが上手!

さて、エキシビションの後、前述の同じホテルの方+当日知り合った日本人の方2人と一緒に食事に行きました。実は我々が泊まっていたホテルの周辺の飲食店は、試合が終わってホテルに戻る時間にはほぼ閉店していたため、夕食をまともに食べる機会がなく、3日目にしてようやくレストランでの食事にありつけたのでした。

ご一緒した方のうち1人はペアのファン(特にヴァネッサ・ジェームス &モルガン・シプレ組)の方でしたが、今回の1番のお目当てはシャフィク・ベセギエ選手だったそうで、直前の棄権となったことを心配されていました。(その後、回復して試合にも復帰しているようで安心しました。)

(ちなみに、隣のテーブルにはニコライ・モロゾフ氏がいらっしゃいました。)

----------------------------------------

翌日は早朝にホテルを出てリヨン空港へ。

手続きを済ませてくつろいでいると、出場していた選手たちが続々とやってきました。

ケイトリン・ウィーバー選手、アンドリュー・ポジェ選手、ディラン・モスコビッチ選手、ガブリエラ・パパダキス選手、ギヨーム・シゼロン選手、オレクセイ・ビチェンコ選手、ミーシャ・ジー選手etc...

多分、みなさんパリまで同じ便だったと思われます。

パリ=シャルル・ド・ゴール空港内でのシャトルバスではアイスダンス選手たちに囲まれるような場所に立ってしまい、目の前にはシゼロン選手!という何だか落ち着かない移動でした。

さらに、乗り継ぎ時にはミーシャ・ジー選手と向かう方向が同じだったようで、彼の後ろをストーカーのようについて回ることに。歩くスピードが速いのでだんだん置いて行かれましたけどね。

---------------------------------------

そんなこんなで、丸一日弱かけて帰国。

グルノーブルは遠かったです。正直、ちょっと不便です。でも、温かい人たちのいる街でした。遠くて、疲れましたけど、色んな人と出会えてとても有意義な旅でした。

次は…台湾!?

フランス行ってきました!④

翌日も朝からフリーの公式練習を見に会場へ。

この日のテンくんはジャンプがなかなか決まらずちょっと不安気な様子。

度々キャロルコーチのもとに戻っては指導を受けていました。不安そうなテンくんをキャロルコーチが力強く励ましている様子が、離れた席からもよく見えました。

【キャロルコーチとテンくん 手前はケヴィン・エイモズ選手】

f:id:dimple_dimple:20171231224601j:plain

f:id:dimple_dimple:20171231225949j:plain

f:id:dimple_dimple:20171231231409j:plain

さて、この日は女子・アイスダンスとペア・男子とでそれぞれ別のチケットが必要だったのですが、女子・アイスダンスの座席が何と「D10」でした!f:id:dimple_dimple:20171231041507p:plain

ペア・男子の座席はお隣の「D11」でした。惜しい。

女子FPはとてもレベルの高い争いで、今回一番の見どころといえる内容でした。印象に残った選手など、また改めて感想を綴りたいと思います。

そういえば、ペアの時に場内でテンくんのお母さまとキャロルコーチをお見掛けしました。その時の雰囲気でテンくんの調子があまり良くないのかな、と何となく感じ、本番がちょっと不安になりました。

そして、男子FP。6分間練習でもあまり調子は良くなさそうでしたが、本番もクワドが決まりませんでした。転倒時に手を怪我したようですが、足にも負担がかかったのかもしれません。ツイズルで珍しくグラついたりしてましたし。

www.youtube.com

と、なかなか厳しい内容でしたが、キスクラでは笑顔も見えました。

でも、明日のエキシビションの出演はないだろう、と思うとちょっと残念。

(つづく)

フランス行ってきました!③

2017年も今日で終わり、ということで、放置していたフランス杯レポのつづき行きます。

---------------------------------------------------

(前回→フランス行ってきました!② - デニス・テン応援ブログ)

毎年、フランス杯は観客少なめな印象ですし、今回はパリから遠く離れたグルノーブルでの開催ということで、観客がかなり少なめかと思ってましたが、ジャッジ側の席はかなり埋まってました。特定選手目当てというよりは昔からのスケートファンという方が多そうな雰囲気でした。

そういえば、通路にいた男性観客からいきなり「Japanese?」と尋ねられ、「海外観戦どの程度行っているの?グランプリシリーズやチャンピオンシップ全部見に行ってるの?」というようなことを聞かれました。グルノーブルまで来るぐらいだからかなり熱心なスケートファンだと思われたようです。実はグランプリシリーズ見に行くの初めてだったんですけどね、NHK杯も行ったことないですし。

さて、男子SP。

テンくんは第1グループに登場。昨年までジュニアだったケヴィン・エイモズ選手と同じグループなのが何だか新鮮。

どの選手にも大きな拍手で盛り上がっていましたが、フランス代表選手へはひと際大きな歓声と拍手。エイモズ選手、大人気でしたね

【選手紹介で他の選手に拍手するテンくん】アクリル板越しなので青みがかかってます…。

f:id:dimple_dimple:20171224221923j:plain

 

 【Internationaux de France 2017 SP

www.youtube.com

f:id:dimple_dimple:20171231031626j:plain

公式練習の時は綺麗に決めていた4Sで転倒してしまいましたが、それ以外は丁寧でスピード感もあっていい演技でした。改めて映像を見ると、転倒後の立ち上がりスピードがめっちゃ速いですね😲 (つづく)

Mini Denis !?

先日、テンくんのインスタに突如謎のキャラクター“Mini Denis”が登場!

www.instagram.com

以前当ブログでも紹介したインタビュー記事で「アニメ動画を配信予定」というような内容がありましたが、このキャラクターがそれなのでしょうか??

そして、いつの間にか“Mini Denis”のアカウントができていました。どの写真も可愛いすぎるので、ぜひご覧ください。

www.instagram.com

f:id:dimple_dimple:20171228224746p:plain

f:id:dimple_dimple:20171228224818p:plain

眠そうなのに自撮り棒で撮影?

f:id:dimple_dimple:20171228224842p:plain

コメント欄で「FOLLOW ME! PLEASE!!!!!!!!」って叫んでます。(ぜひフォローしましょう!)

 New post weekly.」ということなので、超期待!

続・Stars On Ice 北京公演

Stars On Ice 北京公演、2日目は残念ながらライスト配信がありませんでした。

動画はまだこちらのサイトで見られるようです。

http://sports.qq.com/kbsweb/game.htm?mid=100002:20171834

見られない方のために、テンくんのプログラムの動画のリンクを貼っておきます。

Lose Yourself

www.youtube.com

SOS d’un terrien】

www.youtube.com

そして、公式サイトには初日公演の写真が追加されています。

f:id:dimple_dimple:20171217012436j:plain

f:id:dimple_dimple:20171217012519j:plain

f:id:dimple_dimple:20171217012548j:plain

https://m.weibo.cn/u/6311277361?uid=6311277361

怪我で挨拶のみになってしまった韓国のショー以来のアイスショーの出演。

超実力派北米ベテランスケーター(ジェフリー・バトル、エリック・ラドフォード、チャーリー・ホワイト、ジェレミーアボット)とのコラボもあり、若干心配でしたが(新たな怪我しないか、クロアチアから長時間の移動直後で体調管理は大丈夫か、実力派北米スケーターについていけるか、振付覚えられるか…etc)、無事に2日間とも出演することができました。

(いや、テンくんが公演後にテレグラムにUPした写真によるとあまり無事でもないのかな…。)

Stars On Ice 北京公演

まもなく開催されるStars On Ice 北京公演、日本からもライストで視聴できるようです。

日時:12月15日、16日 日本時間20:30~

(追記:残念ながら16日はライストなさそうです…。)

ライストリンク↓

http://sports.qq.com/kbsweb/game.htm?mid=100002:20171834

直播:NBL 阿德莱德36人vs布里斯班子弹_新浪体育台

それから、「StarsOnIce冰上之星」公式サイトには既にプレカンの写真やリハーサル動画などが掲載されています。 

f:id:dimple_dimple:20171215200454j:plain

f:id:dimple_dimple:20171215200531j:plain

https://m.weibo.cn/u/6311277361?uid=6311277361&luicode=20000061&lfid=4184939761252575

Stars on Ice 公式インスタグラムにもテンくんの写真が掲載されています。この男性スケーター5人によるプログラムもあるようです。この中だとテンくん一人めっちゃ若いんですけど大丈夫ですかね?(ついて行けるか心配…)

www.instagram.com

-----------------------------

【追記】

ライスト終了後も、こちらのサイトで動画が見られます。

テンくんが出演した3プロ全てあります。↓

http://sports.qq.com/kbsweb/game.htm?mid=100002:20171834

 

ゴールデンスピン2017 FP動画/Stars on Ice 北京出演のお知らせ

ゴールデンスピンのフリーも終わりました。

ショートの時に比べると最初から勢いがなかったですが、攻めの構成で頑張りました。今季初めの試合では全然入らなかったコンビネーションジャンプも入るようになりましたし、怪我はだいぶ回復してるのでしょう。

www.youtube.com

キスクラ席に座っている巨大なクマのぬいぐるみが可愛い。

それと対照的に厳しい表情のテンくん…。

ゴールデンスピンといえば、2015年優勝時の表彰式でもちょっと残念なハプニングがありましたねぇ…。

今年最後(?)の試合が後味悪い感じで終わったのは残念ですが、次はアイスショー

12月15,16日に北京で開催される「Stars on Ice」にテンくんが出演予定です。

theatrebeijing.com

f:id:dimple_dimple:20171210215741j:plain

(テンくんの写真は2014年中国杯EXの時のですね。)

怪我を抱えながらのオリンピックシーズンなのに、既に5試合出場&ショー出演となかなか多忙。ここ2か月くらいの間に、フランス→ロシア→フランス→中国→クロアチア→中国、その間に拠点のアメリカでのトレーニングやカザフスタンへの一時帰国。

4年前、確かヨーロッパのB級大会連戦移動中にパスポートの白紙ページがなくなり急遽再発行手続きが必要になったという話を思い出しました。

色々あるけど、頑張れデニス・テン