デニス・テン応援ブログ

今シーズンもデニス・テン選手を絶賛応援中!話題は専らDenis Ten周辺情報とカザフスタン関係です。

プリンスアイスワールド in 日光行ってきました①

8月5日と6日、「プリンスアイスワールド in 日光」を見るために日光霧降アイスアリーナへ行ってきました。

日光へ行くのも初めて、プリンスアイスワールド(以下、PIW)を見るのも初めてなので、「現地までたどり着けるのか?」「ふれあいってどんな感じなのか?」「そもそもテンくんは本当に出演するのか?」と、色んな不安を抱えながら向かいましたが、何とか午後からの公演に間に合う時間に現地に到着。

会場の受付付近には出演者へのスタンド花が飾られていて、その中にはテンくんへファンの方々からの花も。

f:id:dimple_dimple:20170818205642j:plain

受付では下野新聞の特別号が配られていました。

f:id:dimple_dimple:20170820151247j:plain

デニス・テン」も載ってます。

f:id:dimple_dimple:20170820152127j:plain

いよいよ開演。

オープニングではPIWスケーターに続いてゲスト・レギュラースケーターが順番に登場。

テンくんは村上佳菜子さんのあとに白いシャツで爽やかに登場。キレの良い動きで観客を沸かせていました。

が、群舞の練習時間があまりなかったのか、振付をよく覚えていない様子のテンくん。近くのスケーターをチラ見しながらもタイミングを間違えたりしてました。それでも、堂々とポーズを決めるあたりがテンくんらしい。

 

今回のPIWのテーマは「4 SEASONS」。前半は春~夏、後半は秋~冬がテーマの馴染みのある曲を使用したプログラム。

ゲスト・レギュラースケーターは、前半に友野一希選手、本田太一選手、本田真凜選手、本田武史さん。後半に、荒川静香さん、村上佳菜子さん、安藤美姫さん、町田樹さん。

テンくんは後半に登場。

 

最近のテンくんは、怪我もあってEXプロではジャンプは控えめなので、今回もジャンプはあまり入れてこないだろうと油断していたら、いきなり目の前で華麗な3A!

いつか、テンくんの完璧な3Aを目の前で見てみたいと思っていましたが、まさかここで見られるとは!しかも高さが半端じゃない…ビックリ。

 

プログラムの曲は「Tu Sei」。

ジョシュ・グローバン3部作(「ニュー・シネマ・パラダイス」、「Per Te」、「Mi Mancherai」)の路線で、「大人になったデニス・テンによる『NEW・ニュー・シネマ・パラダイス』」という印象を受けました。

抜けたジャンプもありましたが、スケーティングやスピンの技術の高さ、ひとつひとつの動作が丁寧で洗練されていて「さすがデニス・テン」という演技でした。

 

フィナーレで、再び全員登場。「春よ、来い」に合わせてお辞儀をするところなど、また周りのスケーターをチラ見しているテンくん。まぁ日本人ならみんな知ってる曲ですけど、テンくんは多分初めて聴く曲だから…(と、強引に擁護してみた)。

 

さて、いよいよ「ふれあいタイム」。

気づいたら通り過ぎていたスケーターさんもいるので、テンくんが通り過ぎてしまわないか緊張…。

テンくんがやって来ました。

が、予想外の大人気。プレゼントを渡したり写真を撮る人たちが群がっていて、2列目からはなかなか近づけず。女性スケーター目当てだと勝手に思っていた前列の男性客も、テンくんの写真をたくさん撮っていました。

前列の人の隙間から、やっと撮れた写真がこちら↓(スタッフさん、変なメガネで加工してスミマセン。)

f:id:dimple_dimple:20170820025149j:plain

そして、前列の人たちの隙間から何とか手を伸ばし、「さんきゅーふぉーかみんぐ」と怪しげな英語で話しかけつつプレゼントを渡すことができました。

さらに、すぐ前で写真撮影用にポーズしてくれました。

が、その時撮った写真がこちら↓…緊張して手が滑った…😨

f:id:dimple_dimple:20170819023411j:plain

 もう1枚。横向いちゃった…。

f:id:dimple_dimple:20170820164749j:plain

行っちゃった…。

f:id:dimple_dimple:20170820173621j:plain

つづく。