デニス・テン応援ブログ

今シーズンもデニス・テン選手を絶賛応援中!話題は専らDenis Ten周辺情報とカザフスタン関係です。

今さらですが…ユニバーシアード観戦記 その1

今さらですが、実は2月にユニバーシアード観戦のためにカザフスタンへ行ってきました。

報告するタイミングをすっかり逃してしまっていたのですが、アスタナ万博も始まったことですし、この機会にユニバーシアード観戦記&カザフ旅行記を綴りたいと思います。

f:id:dimple_dimple:20170702214319p:plain

(2017冬季ユニバーシアードの公式キャラクター)

------------------------------------------------

今回の旅の目的地はユニバーシアードの開催地であり、テンくん、そしてアブザル選手の出身地でもある「アルマトイ」。

カザフスタンで最も人口が多く(約150万人)、また中央アジアで最も経済的に発展している都市です。

日本からアルマトイへの直行便は出ていないので、今回は最短コースの仁川空港(ソウル)経由で行きました。

仁川空港からアルマトイへは「エアアスタナ」で約6時間45分。

出迎えてくれた乗務員さんたちは、顔立ち自体は東洋風だったり西洋風だったり様々ですが、一様に綺麗な方ばかり。「これが噂のカザフ美女か」と出発前からカザフスタンに着いたような気分に。

機内は清潔でサービスも充実。大きな揺れもなく快適に過ごすことができました。

ひとつ驚いたのは、 着陸後の乗客の拍手。無事を祝してなのか、パイロットへの感謝なのかわかりませんが、とりあえず一緒に拍手しておきました👏

 

そして、ついに、アルマトイ到着!

 

アルマトイ空港は小ぢんまりしていて、日本の地方都市の空港程度の規模。

空港には、現地ガイドさんが迎えに来てくださっていて、車でホテルまで送っていただきました。

迎えの車が日本のメーカーの車で、さらに前や隣を走る車がTOYOTANISSANMITSUBISHI、HONDA、MAZDA…といった見覚えのあるメーカーのものばかりなので、ガイドさんに尋ねてみたところ、「日本車が人気。あとドイツ車も多い。」とのことでした。

積雪でどこに車線があるのかわからない道路を走り続け、ようやくホテルに到着したのでした。(つづく)

f:id:dimple_dimple:20170703195738j:plain

(裏側からなので見えにくいのですが、ガードレールがサルやシカなどの動物をかたどったイルミネーションで飾られています。他の道路沿いの場所でもよく見かけました。)